忍者ブログ
概ね直径1メートル以内で起こる、結構、身近な話について書きとめています。

【登山】屋久島で縄文杉に出会う旅【今年も西日本】



【行程】
DATE 2017.04下旬~5月上旬
宮之浦岳(2701M)
縄文杉(1280M)
開聞岳(924M)

温:砂楽
温:たまて箱温泉
  • 梅雨前のこの季節がお勧めです。
  • 携帯トイレをお忘れなく!
  • 意外と遠いぞ、縄文杉。
  • おいしいポンカンとトビウオは必食。
  • 温泉はやっぱり最高なのでした。
<それぞれ日帰り。かつ雨無し>
・ハイカット登山靴
・レインコート上下
・スパッツ
・ストック
・ザック(35L)
・水1L
・帽子、手袋、タオル、半T、フリース、ライトダウン、長ズボン、靴下


http://yakukan.jp/doc/index.html
屋久島観光協会 地図ページ
(登山行程などに使用しました)
------------------------------------------------------------------------------------
前日
格安ツアーの交通・宿のみ利用(帰り便は捨てることになる)なので朝が早い!
ということで羽田に泊まります。

------------------------------------------------------------------------------------
1日目
羽田→(飛行機)→鹿児島空港→(バス)→鹿児島本港→(高速船)→屋久島宮之浦港
鹿児島空港→鹿児島本港は、天文館経由のシャトルバスですが、乗り遅れると致命的なので注意



 鹿児島本港で高速船待ち時間に、近くのドルフィンポートでご飯を食べるのも良いでしょう。
 久しぶりに見た桜島は穏やかでした。(このあと桜島が噴煙をあげる)

 
 お昼は謎の郷土菓子「かからん団子」とジェラート。
 団子です。米を潰した甘い団子です。


   
 高速船で2時間、お昼過ぎに屋久島に着きました。
 
 レンタカーを事前に手配。港まで持ってきてくれます。素敵。
 レンタカー最強です。
 夕方前に、買出しとトローキの滝とぽんたんセンターによってきました。
 また謎の団子。



 民宿まんてんの晩御飯 
 http://www.manten-yakushima.com/

 美味し過ぎか!(・▽・)
登山向けにお弁当対応、夕飯抜き対応など、色々してくださいます。
これは事前に確認しておきましょう。
------------------------------------------------------------------------------------
2日目
宮之浦港→(レンタカー)→淀川登山口★→花之江河☆→翁岳☆→山頂
★:トイレ/☆:携帯トイレブース

今回は、レンタカー&日帰りピストンのため、Pのある淀川登山口を利用しました。

  他に考慮するところ
  • 宮之浦港からは2時間弱で遠いので安房港を拠点にしたほうが楽
  • 白谷雲水峡は宮之浦港が最寄なので考えどころ
  • 下から縦走するなら、安房港→淀川口→宮之浦岳→縄文杉→白谷雲水峡→宮之浦港
  • 携帯トイレ必携。小さいの、ダメ、絶対。
 


 午前2時にはP満車でした。
 さすが晴れのGWです。

 ここで協力金500円+協力バッチ500円の合計1000円を払います。
 (500円のバッチ分は1回のみ)


 

投石からの黒味岳も綺麗。


 
 ベストな岩を発見!こんなのがごろごろしています。



 宮之浦岳山頂から見た永田岳。
 現地の方からは永田岳を薦められました。

  
 淀川登山口を下りてしばらく行くと貫禄の紀元杉があります。
 Pスペースは4台くらいです。
 大きすぎてフレームに収まらない。

 今回もお世話になった携帯トイレ。
 携帯トイレのほうがくさくなくて私は好きなんだな、実は。
 もって行くのは、やはり大きいのをお勧めします!

 小さいのはね、ほんと、やばいよ!!!(経験)


------------------------------------------------------------------------------------
3日目
宮之浦港→(レンタカー)→白谷雲水峡入り口★→白谷山荘★☆→楠川分かれ★バイオ→大株歩道入り口★→ウィルソン→大王杉☆→縄文杉→弥生杉→白谷雲水峡入り口★
★:トイレ/★バイオ:バイオトイレ(綺麗)/☆:携帯トイレブース

こちらは午前4時でもPはすいていました。
荒川口の方が縄文杉には近いので、こちらから行く人は少ないです。
  • 足に自信が無い人は荒川登山口お奨め
  • 登山道が混んでいると日没までの帰還が危うくなります。ヘッドライト必携
  • 延べ標高差(1000M弱)と行程の長さ(20K弱)と時間(9時間強)


 
雲水峡入り口のマップ。
縄文杉はハイキングエリア外になっています。

     暫くはこのような場所です。

   
 太鼓岩から宮之浦岳周辺が良く見えます。


      
 献上杉を運んだ痕跡のトロッコ跡。
 ウィルソン株も大人気でした。




 川を遡上しながら、コケの森、楠川、大株林道、縄文杉を見て回ります。




 雲水峡への道路から、宮之浦港。

足に自信が無い人は荒川登山口をお奨めです!!
(Pがないので、バス、タクシー、旅館の送迎。もしくはガイドツアー)

白谷雲水峡見たさにこちらからきましたが、登山道が混んでいると日没までの帰還が危うくなります。
縄文杉もウィルソン株も撮影待ちで混んでいます!

延べ標高差(1000M弱)と行程の長さ(20K弱)と時間(9時間強)という日程ですので、足腰に自信がない方や、天候不順の場合は避けたほうが良いと思います。


------------------------------------------------------------------------------------
4日目
屋久島宮之浦港→(高速船)→鹿児島本港→(レンタカー)→知覧・指宿

指宿行きの高速船が合わなかったので、鹿児島本港行きました。

桜島が噴煙上げてました (   Д ) ゜ ゜
  • 本港から北の霧島(温泉)もいけます
  • 本港から開聞岳いけます
  • 「砂楽」の砂蒸し体験は遅くまでやっている


 
 こちらは屋久島のガジュマル園。ガジュマルも大きい。

  
 あつひめ像          知覧特攻会館(お勧め)

港からはどこもアクセスが楽なので、北の霧島(温泉)もいいと思います。
今回は開聞岳を目指していたので南下(指宿)しました。

指宿で「砂楽」の砂蒸し体験。
夜の砂蒸しも良いですね!遅くまでやっています。
波の音が心地よいです。


------------------------------------------------------------------------------------
4日目
指宿→開聞ふれあい公園★→開聞岳山頂→開聞ふれあい公園→鹿児島市街(天文館)

早朝のどしゃぶりも止んでラッキーでした。
開聞岳はアップダウンなしの登りきりで眺望も良いのでハイキングの人も結構沢山いました。
 
  • 竹山は登れるらしい
  • たまて箱温泉すげえ
  

 
 開聞岳はアップダウンなしの登りきり。
 眺望も良いのでハイキングの人も結構沢山いました。

 
 ちょうど真ん中の出っ張り岬が ↓ です。
 竹山ってところです(登れるみたい)
 下山後行くことに・・・。



 トリップアドバイザー好評価の「たまて箱温泉」。
 夕日の開聞岳が神々しい・・(;▽;) 
 混んでいないときにお勧めしますね。(男女入れ替えなので、開聞岳見えないことも)

鹿児島市街地の天文館まで車を飛ばします。



さつま揚げ!

------------------------------------------------------------------------------------
5日目
鹿児島中央駅→(JR)→岡山→(レンタサイクル)→吉備路

重いリュックはホテルに預け、サイクリングで吉備を走ります。
天候によりますが、自転車が意外と便利です。
  • 一宮~総社サイクリングは1日がかり
  • 駅を離れるとコンビに・レストランは少ないので、岡山で済ませる
  • 吉備津神社の鳴釜神事は早く終わる!
 
サイクリングで

  
まずは吉備津彦神社

 
 
比翼や回廊が美しい吉備津神社。

一宮~総社サイクリングは1日時間があるときにお勧めします。
手早く回るのなら、一宮~吉備津神社周辺で。

コンビに・レストランは少ないので、岡山で済ませたほうが良いかもしれません。
また、吉備津神社の鳴釜神事は早めに終わるので注意。


------------------------------------------------------------------------------------
6日目
岡山→倉敷

最後に倉敷によったのですが、ここが一番混んでいました。
さすが美観地区です。
  • 駅から歩いて近い場所の一区画が美観地区でそんなに広くない
  • 歩くだけなら3時間余裕
  • 買い物する場所が多い
  • かなり混んでいる



 川沿いは人が沢山で・・・


 

 阿智神社は比較的落ち着いていました。
 おみくじが面白いです。

 
 たまに落ち着いている区画もあります。

  
 倉敷はクラレのご先祖が紡績で築いた町でもありますね。
 大原美術館はそのご先祖と親友の虎さんの美術館。
 音声ガイドは是非。
 
 疲れて大原美術館の横の庭園で寝ていました。
 穴場。

  
 スワンのステ丼。なんということだ、うまい・・!!


 
 時間が無くていけなかった、おもちゃ博物館。
 なかなか趣深い場所のようです。

 
 アイビースクウェア 
 クラレの始まりの場所ですね。イベントもやっています。


PR