忍者ブログ
概ね直径1メートル以内で起こる、結構、身近な話について書きとめています。

【庭】小石川後楽園

http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index030.html
小石川後楽園

東京都文京区後楽一丁目
江戸初期に徳川頼房が着工し、光圀の代に完成した御庭です。
和中折衷な作りで、湖、川、平地、丘陵、山といった自然がキュッと自然にまとめられています。
梅・菖蒲・楓の季節は言うまでもなく、新緑の季節や暑い季節も木陰に入れば心地よく、四季を通じで楽しめます。

「後楽園」の名ですが、
「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ(范仲淹)」から名付けられたそうで、藩主の如何なるか、というものを現しているといえそうです。

園内の水田に掲げられている「百姓の苦労を知るべし」との回訓も、その精神に則っているのでしょう。


蘊蓄を語る気はありませんが、予備知識を知っておくと観点が増えて倍楽しめますよね。


★関係御座いませんが、来週は「商売の神様・神田明神」の祭りだよ! ワッショイ!!
PR